Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

青黒を追いかけて

ガンバ大阪 2−1 大分トリニータ

キックオフ直後からパスがつながるし、運動量も大分と互角かそれ以上だし、集中がとぎれないし、泥臭いプレーも全員がいとわないし、いや〜〜いい試合でした。
ハーフタイムに現地観戦の同志に「いい試合ですね」とメッセージを送ったら、「はい」とあっさりした返事だったし、その時点では1−1の同点だったけれど、DAZN画面からも(相変わらずとぎれとぎれですが)選手やベンチの気迫と4300人の観客の「楽しんでます!」という拍手が聞こえてきて、いい試合をみられてうらやましいなと思いましたよ。

相変わらず目立たなかったということでしたが、私はきのうのMOMの一人に矢島選手をあげたいと思います。4バックのアンカーポジションをとっていましたが、高尾選手があがればサイドのケアをし、守備から攻撃のスイッチを入れる前へのパス(ロングパスとショートを取り混ぜていた)ラインを押し上げ、もちろん守備でも貢献していました。
3バックだと、ふと気づくと5バックになって、ペナルティエリアのところにべったり何人もはりつき、クリアしても前線に人がいないからまた攻め込まれるという悪循環だったのですが、きのうのような布陣で矢島選手がアンカーに入ると、重心がずいぶん前にいっていると感じました。セイフティにクリアするところと、リスクを背負ってパスを出すところの判断も良かった。4バックの右サイドの攻撃が一時多かったのは、矢島選手が守備のときに狙われやすい高尾選手に攻撃参加させ、小野瀬、井手口選手とからませることを何回もやっていたからではないか。

宇佐美選手、今季初ゴールおめでとう! そして果敢なスライディングによるボール奪取から、すばやくアデミウソン 選手にクロスを入れ、それをアデがみごとなショットで仕留める、あのゴールシーンだけで3日間恍惚にひたれそうです。

またすぐつぎの試合がやってきます。今季は変則的な日程だし、5人まで交代枠があるというのもかえって采配がむずかしいかもしれませんが、それはどのクラブも同じ。宮本監督のシーズンを通した戦略と戦術に期待しましょう!

あああ、それにしても、スタジアムの雰囲気すごくよかったなあ。ガンバクラップも良かった。じーんとしながら画面の前で一緒にクラップしましたよ。
今季いつパナスタ観戦できるかわからないと思っていたけれど、きのうのパナスタの雰囲気を見て、やっぱり1回はぜったいに観戦したい!!と思いました。リスキーな地域に住んではいますけれどね。
 

ガンバ 2−1 清水

 再開後3試合目にしてやっと勝てたのに(ほんと、やっと、という表現がぴったり)、なんかあんまり勝ったよ、万歳!と喜ぶ気がしませんでした。またもや「渡邊選手ありがとう!!!」と感謝を表すしかなく。
 もちろん前半の宇佐美→藤春→アデミウソン →小野瀬ゴールも素晴らしかったし、渡邊選手のゴールもすごくよかった。
 それに後半の入りも良かった。
 でも、それ以外の時間はもうハラハラしっぱなし。
 あああああ〜〜〜と目をおおって、恐る恐る指の間から除いたら、東口選手がビッグセーブとか、矢島選手のクリアとか、もうどうして「連動した守備」ができないのかとしだいに腹が立ってきました。
 腹を立ててはいけませんね。
 終始疑問なのですが、宮本監督の狙いはどこにあるのでしょうか? ハイプレスで高い位置にボールを奪ってゴール! というのは今季の1試合目でvs横浜マリノス戦ではよくわかりました。
 でも、3バックにしたり、4バックに変えたりしても、やっぱり中盤がガラガラだし、ボールを奪っても出しどころがないとか、不用意なバックパスをかっさらわれてのひぇ〜〜〜という場面だったりが多すぎませんか? 狙いがどこにあるかが、いまだによく見えません。
 
 MOMは前半が東口選手、後半が渡邊選手、そして試合を通してのMOMは藤春選手です。きのうの2アシストはいずれも藤春選手の運動量と突破力(ひさびさの突破力)のおかげです。
 
 そうこう言っているうちにつぎの試合がすぐやってきます。
 ふ〜忙しいなあ
 ひさびさにパナスタでの人のざわめきを聴きながらの試合が見られることを楽しみにしています。 

ガンバ 2−2 名古屋グランパス

あの〜〜〜前半を「守備から入る」っていうの、やめません?
っていうか、守備から入って、なんであんなシロートのような2失点?
それと、宇佐美選手。やっぱりね、私たちは期待しているわけですよ、あなたに。何をって、得点です。ゴールです。パスとか組み立てとか、そういうのも大事ではあるけれど、なぜ宇佐美選手がFWで2トップの一角にいるかというと、そこは「ゴ〜〜〜〜ル!!!」を期待されているからじゃないですか?
なのに、ほとんどシュートを打たないって、それはどうかと頭を抱えます。

と、言うまいと思っていた文句をつい口走って(筆走って)しまいました。
でも、渡邊選手、パトリック選手、倉田選手の3人が入ってきてから、がらっと雰囲気が変わりました。
そこに「攻撃のスイッチを入れろ」という宮本監督のメッセージがあったから、とかそういうこともあったでしょうが、この「誠実3人男」の、前を向いて仕掛ける姿勢がピッチ全体の空気を変えたのだと思います。
この3人の交代選手からは覇気が感じられたな。自分たちに与えられたミッションに誠実だし、必死に走り、跳び、奪い、ドリブルし、ほんと気持ちよかった。
それがロスタイムの同点弾につながったのだと思います。

いや、別に、代えられた選手たちがだめだめっていうんじゃないんです。 
でも、なんていうか、ミスがなぁ〜〜〜せっかくボールを奪っても、一瞬で奪い返されたり、連動しないからパスコースがなくて変なパスミスしちゃったり。申し訳ないけれど、いらだちました。
2手先、3手先を読んで連動して動くっていうのがない。
まだまだヤットは引退できないなあとため息。

とか言っているうちに、中3日で清水戦ですよ。
そろそろ勝ってほしなあ……って前のエントリーとは真逆のことをいっておりますが。
 

 今夜にもうつぎの試合があるというのに、ダービーの敗戦記事がトップに来るのもいやなので更新します。
 Jのスケジュールを眺めるほどに、この変則的な試合日程の「異常」がひしひしと実感されます。開幕したものの、たったの1試合で中断。外出自粛で練習もままならない状態が3ヶ月も続きました。3ヶ月って、ふだんのオフよりも長い時間です。そしてやっと練習再開。恐る恐る状態を見ながらの変則的な練習から始めて、実戦形式の準備をはじめてからわずか二週間ほどでリーグ再開です。
 そして再開したらしたで、中2日、中3日で試合につぐ試合。これはきついですね。ガンバは前の試合で小野裕二選手が怪我。左目の眼底骨折って、これはほんとに大きな怪我です。ゆっくり治してくださいね、と言いたいけれど、本人にしてみれば「移籍してきたところなのに、今季は……」と辛いでしょう。
 試合がしたい、という選手やスタッフの気持ちはよくわかるし、試合を見たい、というサポの気持ちもわかるし、クラブとしても経営的にも試合数は確保したいでしょう。
 でも、問題は「日程が過密である」ということにだけあるわけではない、と私は思うんです。
 問題は「感染症対策をしながら、試合を開催すること」の対策を練ることだけでなく、これからのJのあり方、もっと広くは「プロスポーツのあり方」を幅広く議論する時間を十分にとらないまま、今、目先の「試合再開」の対策だけが先行している、ということではないか。
 いろいろな事情が見通せていない私の立場から言わせてもらえば、いま予定されている以上に試合数をぐっと減らし、今季だけの異例とする「Jリーグ日程」を組んで、様子を見ながら進めていく、というのでもよかったのではないか。そしてその日程を消化しながら、試合が開催できる、できないの判断基準を、みんながある程度納得のいくように検討する。たとえば感染者数や行政の対応とか、さまざまなデータを総合して「Jリーグ試合開催基準」を作成する期間を今年の下半期にあてる。
 たぶん、こういうことはすべてJリーグと専門家と行政がすでに話し合って、今回の再開につながったのだとは思うのですが、サポーターの私としては、「それで、この過密日程?」とか思ってしまうのです。過密日程は選手やスタッフの免疫力を下げる大きな要因になるのですから。
 もちろんプロスポーツですから、勝負にこだわるのは当然です。でも、ただ勝てばいいのか、勝ち星が積めればそれでいいのか、と考えると、ウィズコロナの非常事態下では、違うだろうと思うのです。そこはサポーターも考えなくちゃいけない。スタジアムで応援するのがむずかしいいま、試合のどこを見て選手やほかのサポーターたちと一緒に楽しめばいいのか。それを考えるのがこれからの半年間ではないか、と思います。
 今日の名古屋戦も厳しい試合となるでしょう。
 ガンバだけでなく、名古屋も、そしてほかのチームすべてが試合以外の要素で緊張を強いられ、気持ちの盛り上げがむずかしく、何を目標に闘ったらいいのか戸惑っているはずです。
 答えはきっと(すぐには)見つからない。
 
 今日の試合はだから、勝て勝て勝て、とか、がんばれ、とか、足を動かせ、とかそういうことは思わないで観戦しようと思っています。
 サッカーができる喜び、サッカーを観る喜びを、私なりに感じながら観戦します。
 お天気もよくない。条件はかなり悪い。だから、すべてのチームが、どうか無事に、どうか怪我なく、どうか笑顔で試合を終えてください。
 そして最後に。
 いま日本各地に甚大な被害をもたらしている大雨洪水の被害にあわれた方々に、お見舞い申し上げます。早い復興を願っております。

ガンバ大阪 1−2 セレッソ大阪

ダービーで連敗。
うーん、屈辱です。
どちらかといえば、セレッソのほうがチームとしてまとまって意思統一ができていた、という印象でした。
よくわからないのですが、なんであんなに中盤ぶっとばしのロングボール多用のサッカーなんでしょうか、ガンバさんは。
そして私は悪癖としか思えないのだけれど、ペナルティエリアの1〜2メートル前で横パスをつないでいるうちにかっさらわれてカウンター。あわてて追いかけて無理して取り返そうとするからアフターチャージになってやばいFK。あの悪癖がまた何回も出ていました。
セレッソの1点目もまさにその「悪癖」から。
特に左サイドでひそひそパス回しをするのをやめてほしい。
それと、点をとられるまでなーんか覇気がなくて、シュートを打たないでパスしたり、パスの出しどころがなくてきょろきょろしているうちに寄せられてボールを奪われたり、それと東口選手の相変わらずの「何それ?」プレーが散見されたり、ヨングォン選手の足が動いていなかったり、まあね、ながーーーい中断というか、ほとんど半年ぶりといってもいいくらいのオフのあとの開幕ですものね。
しかも試合とは関係のないところでの変な緊張感が漂う試合でしたし。
チーム力の差が出た、ということにしておきます。

(とってつけたみたいですが)
遠藤選手、632試合という大記録達成おめでとうございます。
フィールドプレーヤーでこの記録はすごいことです。
遠藤選手のプレーを見るようになったのは、ガンバに移籍してきたときからですが、ガンバの試合の印象と記憶に残る試合のほとんどすべてに遠藤選手がいます。
残念ながら記念すべき試合を白星で飾ることはできなかったけれど、また更新していくうちにみんなの、私の記憶に刻まれる出場試合がきっとあるでしょう! 

リモートマッチについては……あ〜〜やはりつまらんですね。これに慣れないといけないのかと思うとちょっと残念。それと、後半の15分くらいからDAZNが不安定になって、iPadを諦めざるを得なくなり、あわててiPhoneでつないでみたけれどやっぱり不安定で、結局とぎれとぎれでしか見ることができませんでした。イラつきました。(でも、丸橋のゴールを見ないで済んでよかった。PKのゴールも見逃してしまったけれど)
水曜日には名古屋戦。さて、どう立て直しますかね、宮本監督は。 

↑このページのトップヘ