Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

観る極楽

1月25日、26日の週末、横浜市開港記念会館で開催されたフットボール映画祭併設のフットボール文化祭に、CONIFA in Japanのブースを出展しました。
IMG_7808

120部ほどリーフレットを準備していったのですが、足りなくなってカラーコピーをとりに走るといううれしい誤算。大勢の方々に、熱心に話を聞いていただきとても嬉しかったです。
また、似たような活動をしていらっしゃる方々とお知り合いになれたことも大きな収穫でした。
サッカーには人と人をつなげる大きな力があるとあらためて実感しました。
IMG_7818

むかって左からサッカー界では超有名人、世界各地でサッカーを通したボランティア活動をなさっているちょんまげ隊長つんさん、実川、日本おはじきサッカー協会理事の藤野優さん
IMG_7824
映画『フートボールの時間』監督の坂本春菜さん。
IMG_7841
会場になった横浜開港記念会館は美しい建築物でした

映画も2本鑑賞しました。
私が涙をぬぐいながら鑑賞し、いまも頭の中で思い出してはいろいろと考えているのは、『ソーシャルフットボール〜イタリアからの挑戦』です。精神に疾患を持っている人たちのためのフットサル国際大会が2016年に大阪で開催されたのですが、そこに出場したイタリア代表チームを追いかけたドキュメンタリーです。イタリアは1970年代に全国的に精神病院を閉鎖することを決め、社会の中で疾患を持った人たちが暮らしていくためのさまざまな取り組みをしているのですが、スポーツもその一つで、とくにフットサルは男性の間で人気が高いそうです。
精神疾患を社会がどのようにとらえて、疾患を持った人たちをどう受け止めるかを見ることで、その社会の成熟度というか、公平性や差別意識が見えると思うのですが、この映画を見るかぎりイタリアはとても成熟した公平な社会だなという印象を持ちました。でもきっと映画はきれいなところだけを撮っているのでしょうね。

さて、CONIFAワールドフットボールカップは、5月30日開幕、6月7日閉幕の予定で、北マケドニアの首都スコピエで開催されます。
昨日、組み合わせ抽選が行われました。
グループA
パリシズ・オブ・ジャージー
パンジャブ
クルディスタン
チャゴス諸島

グループB
カルパタリア
西アルメニア
タミル・イーラム
カビリア

グループC
マプチェ
マタベレランド
ケルナウ
オーストラリアン・ファースト・ネイションズ

グループD
南オセチア
カスカディア
ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパン
ダルフール

そろそろ準備に取りかかります。
スコピエ、すごく美しい街だそうです(噂だけですが)
CONIFAワールドフットボール観戦をかねて、いらっしゃいませんか?
チーム紹介とともに、スコピエ情報もまたアップさせていただきます。
 

来週週末、1月25日(土)、26日(日)の両日に、横浜市開港記念会館にて、ヨコハマ・フットボール映画祭が開催されます。
YFFF2020_1920-1005

イベントの一つとして、フットボール文化祭が開催され、CONIFA in Japanは趣旨や活動について紹介するブースを出展します。
これまでのCONIFAの活動をパネルなどで展示したり、チラシを配布したり、CONIFA in Japan(CIJ)オリジナルデザインのTシャツを販売したり、と盛りだくさんです。
もちろん上映作品もとても興味深いラインアップだし、フットボール芸人さんたちのイベントがあったり、存分にお楽しみいただけます。
来週週末、ぜひ横浜(というか関内ですね)に足をお運びください。

ヨコハマフットボール映画祭
 におけるヨコハマ・フットボール文化祭
開催日時:1月25日(土)、26日(日) 
     12時〜18時
開催場所:横浜 開港記念会館

 
fullsizeoutput_7bad
fullsizeoutput_7c13




 一年の締めくくりには、ほぼ12時間キッチンでおせちとお雑煮作りをするのが恒例行事です。別に恒例行事にしたいと思ったわけではなく、結婚して以来40年間やってきたので、いまさら何か変えるのもどうなんだと惰性でやっているだけ。朝8時から夜8時まで、ばたばたとキッチンで働き、夕飯をかきこんで、正月用の器やお箸の準備をして、最後の掃除をして、お風呂に入って、ブログを書いて(→いまここ)、寝る。あと最低でも10年はこんな大晦日を過ごしたいです。過ごせるだけの気力と体力がもつことを祈っています。
 今年は1月末からCONIFAの年次総会@クラクフに出席して、その機会にポーランドをぐるっとまわったことがまず大きなイベントでした。アウシュヴィッツに行ったこと、ワルシャワのユダヤ人博物館とゲットーをアンナさんという稀有なポーランド人に案内してもらってめぐったこと、この経験はたぶん生涯忘れられないし、私の中の何かを変えたと思います。
 4月からはチェコからやってきた留学生がしばらくホームステイしていました。三島由紀夫が好きという彼と、文学の話やらチェコの政治について話したこともおもしろかった。
 6月末からは友人とギリシャへ、それから一人、フランス各地を転戦してサッカー女子ワールドカップを観戦しました。なぜかアメリカ代表の試合を見続けることになり、ラピノー選手のすごさにうなりました。試合前に各チームの代表が「私たちは差別を決して許さない」という宣言をしたことにも感激。いろいろな意味で差別を受けている女子選手たちの言葉は、じーんとしみました。
 7月からは仕事が一気に忙しくなり、朝起きる前にスマホを開けて「今日の締め切り」を真剣チェックする日々が12月末まで続きました。 仕事があるってことはとてもとてもありがたいのだけれど、もうちょっと分散してくれないかな〜〜〜とかぜいたくなことをぼやきましたよ。
 花粉症の薬をもらいにいくのと、インフルエンザの予防接種を受けにいく以外では一度も医者にかからないで一年を過ごすことができたのは、割に規則正しい生活をしたのと、酒量が減ったのと、太極拳のおかげだと思っています。
 
 今年は身内に不幸があったので、新年のご挨拶は控えさせていただきます。
 今年も当ブログにお越しいただき、ありがとうございました。
 2020年、みなさまにとって気持ちがはずむ年となりますことをお祈りいたします。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。
(恒例?のおせちアップさせてください)
020C6739-5F75-45BC-BA76-87AB0670F815


 

 
2_cij_logo紙印刷

 CONIFA(Confederation of Independent Football Associations独立サッカー連盟)は、マイノリティ、ルーツを持つ国を離れて生活する移民や難民、僻地で暮らす人々などに、サッカーやスポーツの試合をする場と機会を提供する趣旨で20137月に設立されたグローバルな組織です。その活動理念は「サッカーをする喜びを通して、互いの文化と社会への理解を深め、友好と親善の橋を架ける」ことにあります。日本国内においてCONIFAのこの理念を共有する人々を支援し、活動を推進していく目的でCONIFA in Japanの立ち上げを決め、現在NGOとして組織化しようと準備を進めています。

 このたび、CONIFA in Japanの主催で、サラマットFC vs シン・ブラザースFCの親善試合を行う運びとなりました。

 サラマットFC(Salamat FC)は、在日ロヒンギャの方々を中心に2017年に結成されました。サラマットとはアラビア語で平和を意味し、民族に関係なく平和にサッカーが楽しめますようにという願いがこめられています。マレーシアに本部を置くロヒンギャFAは、CONIFAのメンバーです。

 シン・ブラザースFCChin Brothers FC)は在日シン(ミャンマーの少数民族)の人たちが2016年に立ち上げたチームです。サッカーをこよなく愛するシンの人たちにとって、シンボル的な存在となっているチームです。

 この親善試合が2チームの間だけでなく、日本の人たちや、日本で暮らす外国人との交流のきっかけとなることをCONIFA in Japanでは願っています。

 

試合概要

開催日時:11月17日(日) 18時45分 キックオフ

前後半45分 15分ハーフタイム 20時30分試合終了

開催場所:赤羽スポーツの森公園競技場

試合についてのお問い合わせは、実川元子までお願いします。 

しばらくガンバのことを頭から追い払いたいし、記事のトップにきのうの完敗が出てくるのがいやなので今日はガンバと関係のない記事で2回目のブログ更新です。

私はTwitterをほとんど利用していません。仕事で持っているアカウントでは、プロジェクト進行中は1日に何度もチェックし、ツィートもするけれど、個人のアカウントではたまーにしかつぶやきません。
Facebookでは10年アカウントを持って毎日のぞいて1週間に1回は書き込んでいますが、友達申請は1)会ったことがあり、信頼できることを確認済み、2)個人的にメールをもらって「友だちになってください」と頼まれた、3)その人のアカウントの書き込みや友だちをチェックして大丈夫と判断した、という3つの条件を満たしたところでの「承認」することにしています。そこまで面倒臭いことをするのがいいのかどうかわからないけれど、「友だち」と言うからには、情報を交換し共有したいと思われる人、とか、話し合いの土壌に乗れる人、であって欲しいからです。
Twitterのフォロワーは選ぶことができないし、そもそもフォロワーであって友だちじゃないので、 こちらのツィートにどう反応するかまったく見当がつかなくて怖いのです。140文字しか書けないから、発言の意図や背景を説明するには私には足りません。でも2,000字書いたとしても、たぶん伝わらない人には伝わらないし、誤読されて人格攻撃までいたるような炎上に巻き込まれるのは時間と労力の無駄遣いと思えるので、ツィートには積極的ではありません。
パソコン通信の草創期、つまり30年以上前からネット上での発信やつながりにわりに熱心だった私ですが、最近のSNSはちょっと怖いな、距離を置きたいな、と思うときがあります。
その一つが「共感への強迫的強要」です。Facebookでの「いいね!」とか、Twitterのハートマークとか、共感を示してくれ〜〜〜と強要されているみたいで気が重くなります。共感はコミュニケーションとしてとてもたいせつではありますが、それが強迫的に強要されてしまうことは、裏返すと反論や反発に対して不寛容になってしまうと思うのです。自分とは意見が違う、というのであれば、違うという点を理論的にちゃんと言葉で説明してほしいし、それに対して発信者も理論的に応えればいい。それが社会生活を送る人のコミュニケーションの基本だと私は思います。人は違う考え方や感性を持っている生き物なんだから、なんでもかんでも他人に共感できるはずがない。でも、どこが自分と違うのか、何に対してその人が反発しているのか、少しは理解したいのです。
ところが、「炎上」とかしているやりとりを見ていると、「おまえの意見は気に入らない。こういうことを言うやつの発言は取り消せ」とか、いきなり好き嫌いの話になってしまう。好き嫌いは誰にでもあって、自分が聞きたいと思っている意見は好きだけれど、聞きたくない意見、見たくない画像には嫌悪感をもよおして、怒りさえおぼえる。すごく当たり前の感情です。でも、それは個人の好き嫌いであって、嫌いだったら無視するとか、ブロックするとか、すればいいのだけれど、なぜか嫌いな意見や画像に過剰なばかりの反応を見せる人がいます。不愉快だ、吐き気がする、こんなことを言う人はどこか精神的におかしい、という相手の人格攻撃まで、いちいち書き込まなくちゃいけないことなんでしょうか? なんてことをここに書いただけで、また反発がきそうですが。
そうはいっても、SNSがなかった時代にはとても知り合えなかった人たちと知り合い、いろいろな話が聞けるし、おもしろい本も教えてもらえるし、私自身も発信の場が広がっていいこともたくさんあります。要するに、つきあいかた、なんだと思います。
私が気をつけているのは、できるかぎりまちがった情報を発信しないこと、できるかぎり特定する個人(政治家や有名人を含む)の人格を攻撃することを書かないこと、そして好きな人の意見でも自分とは違うなと思ったら、何が違うのかを考えてから「反論」すること、そのときに「そういう意見は嫌いだ」とは書かないようにすること、です。嫌いだ、と言ってしまうと、そこで話し合いもできなくなってしまうから。
でも、当たり障りのないトピックにいいね!ばかりしているのもSNSの使い方として私自身は違うんじゃないかと思っています。意見が分かれそうなトピックにも、自分の立場をはっきり示すことも必要で、そこで好悪の感情を招かないようにどうやって発信するか、まだよくわかっていません。
この記事を書こうと思ったのは、以下のブログを読んだから、でもあります。
「物語 オーストリアの歴史」の著者 山之内克子さんの記事です。響きました。

https://note.mu/grossprinzessin/n/nd90a488cb3ed?fbclid=IwAR1HmJivVLIODwKYXqKFF0uZNQlPizvC3B7oFERqqJv-Tfrfs3jP1hXndJg


気持ちをなごませたいので(いまささくれだっている私の胸の内)近所の公園の池の蓮の花を投稿しておきます。
IMG_6858

 

↑このページのトップヘ