Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

観る極楽

2021年9月にアップルウォッチとともにイヤホンを購入し、以来ウォーキング1時間超の間ずっとアップルミュージックで適当にステーションを選んで聞いてきました。(聴くではなく聞き流しね)
最初は昔懐かし、私の青春時代だった1964年から1970年代にかけての洋楽だったのですが、すぐに飽きたのでToday's Hitを聞くようになり、そしてはまったアーティスト(ミュージシャン?)トップ10を挙げておきます。
アップルミュージックが教えてくれたのは、私が一番よく聞いたのがLizzoだそう。2Be Lovedのミュージックビデオも仕事始めに気持ちを盛り上げるためによく見たなあ。歌詞もめちゃ気に入ったし、この曲の入っているアルバムもほぼ毎日聴き続けた今年。Lizzoいいよなあ〜〜と思っていたら、ミッシェル・オバマもすごく好きでiPodに落として聴いていると知って、ますますよく聞くようになりました。 ボディポジティブの旗手、黒人、女性、LGBTQ+など社会から疎外されがちな人たちを勇気づけるLizzo!
来年も応援している!
つぎによく聞いたのがテイラー・スウィフト。いまさら〜〜感があるでしょうが、そのいまさらでAnti-Heroをこれまた私はよく聞いたらしい(アップルミュージック調べ)。初期のころのスウィフトよりも歌詞が鋭くなってくるころの彼女が好きだなあ。
やはりモノ言うアーティスト、リナ・サワヤマもよく聞きました。2023年にはまた来日してソロコンサートをするとか。楽しみだなあ。日本生まれでイギリス育ち。その経歴について思うことをずばずば歌っているんだけれど、歌声は(こういう表現は月並み過ぎてどうかと思うけれど)澄んでいて明るい。歌詞とのアンバランスがまた大きな魅力。Tokyo Love Hotelは歌詞を眺めながら聞くと、ほんとリナ・サワヤマの魅力が響いてきておもしろい。
あと、今年のグラミー賞で話題になったiLeロザリアもいま気に入って聞いてます。

とここまでは女性(?)アーティストで、色濃く私の思想的(?)好みが出ているんだけれど、ただただよく聞き流したのはチャーリー・ブースMAXブルーノ・マーズです。
ひとりのアーティストのアルバムやセレクトステーションを聞き続けて、最後の締めにこの3人の誰かを聞くことが多かった今年の後半です。
 ブルーノ・マーズは来日して話題になって、もういまさらなんだけれど、やっぱり彼の曲はどれも、ほんとにどれもまったく外してこなくて、好きだなあ。
チャーリー・ブースはソプラノのあの声が好き。MAXも声が好きかな。

と、まさか自分が音楽を語るようになるとは思わなかったのだけれど、朝起きてから家事の間に、また夜のウォーキング中に音楽を聞く楽しみができて、日常がなんというか彩り豊かになったなあという気がしています。来年はどんな音楽に出会うかなあ、とそれもとても楽しみ。
と言っておきながらですが、やはり本にはいく。
音楽を聞くようになって、Lizzoたちのモノ言うスタンスに興味を持って読んだのがこの本。「音楽とファッション〜6つの現代的視点」 by青野賢一。最初の章がジョニ・ミッチェルだったので、もうズドンと来て即買いしてしまいました。リナ・サワヤマの章も腑に落ちたし。

先週、2泊3日で函館に行ってきました。
お天気が最高で、東京は肌寒かったらしいけれど、函館は半袖でも大丈夫なくらいのあたたかさ。私をふくめ書友4人で行ったのですが、それぞれに見たいもの、やりたいこと、食べたいものがいっぱいあって、それらを全部盛り込んで充実した3日間となりました。
簡単に画像で振り返ります。 
IMG_2919

函館旅行の第一の目的は、この展覧会を見ること。私が所属している創玄書道会の創設者である金子鷗亭とその弟子である中野北溟の詩文書を集めた展覧会。とても充実した内容だったのですが、これはお二人の出身地である北海道で見てこそ響くものがある、と思えました。

IMG_2859

第二の目的は「ゴールデンカムイ聖地巡礼第二弾」(この目的を掲げたのは私だけですが) 。鶴見中将と杉元たちの金塊をめぐる最後の戦いの場となった五稜郭をじっくり見学しました。箱館戦争(1868年10月20日~1869年5月17日)のくわしい経緯をおそらく初めて知りました。写真パネルで見た榎本武揚率いる旧幕府側脱走軍の面々のなんとかっこいいことか! 土方歳三にあやうくノックダウン(死語)されそうでした。

IMG_2823

函館が発展するきっかけはいわずもがなですがペリー来航。その船に乗せてくれと駆けつけた新島襄の像が函館湾岸に立っていました。若者たちが強く外国への憧れを持っていた時代。いまの閉塞との差を感じました。そうそう、外国人観光客の団体をいくつも見かけました。そろそろ戻ってきていますね。

IMG_2887

紅葉はまだ二割くらいでしたが、街路樹のななかまどの実はすっかり色づいていました。あと1週間ほどで本格的に紅葉して、一気に冬だそうです。

IMG_2931

宿泊したホテルの売りは朝食バイキングの品数の多さ。2回の朝食で4人でおそらく全品制覇したはずです。なんといっても、いくらやマグロなど何種類もの具がてんこ盛りにできる海鮮丼がすごい!

おなかも気持ちも豊かになった旅行でした。
 

相変わらずNetflixやPrimevideo視聴が止まらないジツカワですが、それだけでは飽きたらなくて月1回は映画館に足を運んでいます。映画館がしだいに観客が多くなって、9月の連休中には満員御礼の回もありました。ここ最近見て、記憶に残った映画やドラマをいくつか記録しておきます。

「ベイビーブローカー」@下高井戸シネマ
ソン・ガンホが主演なのだけれど、なぜか私の記憶のなかではカン・ドンウォンの存在感が圧倒的でした。イケメンキャラなのに、赤ちゃんを抱っこしてあたふたしている姿がビンボー臭い好青年を好演していて、一気に私の推し候補にランクイン。何を今更でしょうが、私はほかのどの映画のカンドンウォンより、ベイビーブローカーの彼が好きだな。

「スーパー30 アーナンダ先生の教室」@新宿ピカデリー、満員御礼のなかで観賞
インド映画。 リティク・ローシャンが主演なので、まあハズレはないだろうと思いながらみました。で、期待通りではあったのだけれど、つぎにどんな場面がくるかがもう予想のつく展開で、途中でちょっと飽きちゃったかな。実話だそうだけれど、同じく実話の「パッドマン 5億人の女性を救った男」のほうが私はずっと感動しました。「スーパー30」はたぶん配信になっても見ないだろうな。

「わたしは最悪。」@ル・シネマ
ノルウェー映画。うーん……主人公にもあらすじにもまったく共感できないままの2時間。おしりが痛くなって、最後まで見通せるかどうかが不安になったほど。たぶんもう2度と見ない。

「燃ゆる女の肖像」@Prime Video
フランス映画。女性画家が結婚を控えたビンボー貴族の娘の肖像画を描きに孤島にいって、そこで展開される2人の恋愛の話です。カメラワークも、映像も、2人の女性プラス娘の母親の表情もいい。息がつまるほどの互いへの思いと、それを表現する映像。最後のオチもふくめて、映画の醍醐味が詰まっていました。私のなかでは「アデル、ブルーは熱い色」とならぶレズビアン映画の双璧です。


「シスターズ」@Netflix
まだ終わっていないのだけれど、今年のNO1になりそうな予感。「ウヨンウ弁護士は天才肌」がNO1のはずだったんだけれど、キム・ゴウンとナム・ジヒョンの演技がすごすぎて、「イカゲーム」のウィ・ハジュンさえもかすんでしまうというすごさ。10月に終わったら即ロスになりそうです。

たまたまNetflixで見始めた「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」にはまっています。
自閉症スペクトラム障がいのウ・ヨンウ(パク・ウンジンが好演)が弁護士となり、大手弁護士事務所で働きながら、社会のさまざまな問題(とくに差別)にぶつかり、自分の生きる道、居場所をつくっていく、というストーリーです。ヒューマン法廷ドラマと紹介にはあるけれど、法廷での展開以上に、社会が「普通」とはちがった人をどう見ているのかがひりひりと描かれている点が興味深い。毎回さまざまな事件が取り上げられる、法廷ドラマとしては1話完結となっているところも、ドラマ性があっていいなと思っています。
16話中でまだ12話までしか公開されていませんが、私が「おそらくこれがベストの回だろう」と思ったのが、第3話の「ベンスでいきます」という回です。
医学生の兄の傷害致死罪で、自閉症スペクトラム障がいの弟が在宅起訴され法廷で裁かれます。しかし弟と意志の疎通をはかるのが困難なため、罪状認否さえもできない。そこで事務所の人たちは、「同じ障がいを持っているのだから、話ができるだろう」とウ弁護士を担当にする。でもウ弁護士は「自閉症スペクトラム障がいはひとそれぞれで、ひとくくりにはできない」としりごみし、兄弟の両親も、ソウル大学を主席で卒業して弁護士になったヨンウと、親とさえもコミュニケーションがとれない息子を比べて、複雑な心境になり。結局ヨンウを担当から外してくれと頼みます。
ヨンウがその裁判が終わってつぶやきます。「ベンスさん(訴えられた弟)も私も、おそらく時代や場所が変わったら、社会には役に立たない人間だとされて社会から抹殺されていたでしょう」
このつぶやきを聞いてドキンとしました。
私は無意識のうちに、モノやことだけでなく、人さえも「役に立つ」「役に立たない」で線を引いているのではないか。そもそも「役に立つ」基準を自分はどういうところに置いているのか?
私だって「役に立たない人間」のレッテルをいつ貼られてしまうかわからない。そうなったときに、私はどういう扱いを受けるのだろうか? そうなったときに私は私自身を許せるのだろうか? いやいやちょっと待て。そもそも私はいま、本当に社会の役に立つ人間なのだろうか? 
そんなことを考えて、コミカルなドラマなのに見終わったあとにかなりどーんと考えこんでしまいました。役に立つ/立たないの線引きが、実は差別を生んでいるのではないか、と。
で、いまの心境は、世の中には役に立たない人間なんて一人もいないし、役に立たないと思っているコトやモノだって、場面が変われば役に立つのかもしれない、と思い直そうということです。
表面的に、また短絡的に物事や人を見て、役に立つ/立たないと判断してはいけない、とこの夏にしっかり心に刻んでおこう。

ドラマについて鋭い指摘をしていた記事↓
 https://telling.asahi.com/article/14682316

うまく貼り付けられないので、URLを貼っちゃいます。オフィシャルな予告
https://www.youtube.com/watch?v=f6X66CW9XGc

 

 現在、「毎日書道展」が新国立美術館と東京都美術館で開催されています。
 今年はこの公募書道展で初めて佳作賞を受賞しました。
 応募と入選12年目にして初受賞です。それも多字数(21文字以上)の分野での受賞。
 2020年はコロナで毎日書道展が中止で、少し余裕ができたこともあり、これまでやったことがない分野に挑戦しようと多字数作品に取り組みはじめました。5文字や4文字作品でこれまでずっとやってきたのだけれど、ちょっと趣向を変えてみたかったのです。漢詩のなかの一部や、四文字熟語を書いてきたのだけれど、一度、漢詩全部を書いてみたかったというのもあり。
 選んだのは、杜甫の「春帰」という詩。
IMG_2274
もう一点、4文字作品も飾られました。
IMG_2270
「無弦之琴」
会場で自分の作品を見ると、あああああ〜〜〜もっとこうしておけばよかった〜〜〜と頭を抱えたくなります。うーん、まだまだかな。
  

↑このページのトップヘ