Glamorous Life

グラマラスライフ 実川元子オフィシャルサイト おもしろい本、どきどきする試合や映画、わくわくする服に出会えたら最高に幸せ

書籍紹介


新刊「翻訳というおしごと」
実川元子著
アルク刊 1500円+税
翻訳というおしごと(表紙)

新刊が出ます。今回の本は、翻訳業という仕事を紹介する内容です。翻訳業といっても、たいへんに幅広い。たとえば翻訳は扱う素材によって、大きく3つの分野に分けられます。ビジネス、産業、医学、法律といった分野で発生する素材を扱う「実務翻訳」、映画、テレビ番組など映像に関わる素材の翻訳は「映像翻訳」、小説、ノンフィクションなど書籍については「出版翻訳」と呼ばれます。そういうことも意外に世間には知られていない。ましてや翻訳者がどうやって仕事を受注し、どういうスケジュールで仕事をし、どれくらいの報酬を得ているのか、などは翻訳業界にかかわっている人たち以外はほとんどご存知ない、というのが25年間この業界で仕事をしてきた私の印象です。
かくいう私も、自分が身を置いてきた「出版翻訳」以外の翻訳者もその仕事内容もほとんど知りませんでした。出版翻訳はすでに仕事として成立っていかない状況にあります。書籍の販売が右肩下がりで落ち込み、印税率はもちろん初版部数も下がる一方。だから最初にこの本の企画を編集者に打診されたとき、「翻訳業に未来はないんじゃないの?」とか及び腰でした。だが、翻訳業界全体としては実は翻訳は将来性がある仕事なのではないか、と編集者と話しているうちに思えてきました。
それ以上に、25年間やってきて、翻訳はまーーーったく儲からない仕事だけれど、とてもおもしろいしやりがいがある仕事だ、とは思っていることもあって、しだいに「書いてみようか」という気持ちに傾いていきました。何よりもグローバル化の蓋が開いてしまったこの世界で、翻訳なしに特に日本は産業も文化も社会も成立っていかないことは確かです。翻訳という仕事の重要性は高まるばかり……というか、必要不可欠な仕事ではないか、と私は考えているわけで、だから、翻訳業の重要性、必要性をもっとわかってもらいたい、ということで思い切って執筆を引き受けました。
ただ、私が通じているのは出版翻訳のみ。そこでアルクが毎年出版する「翻訳事典」の編集長である佐藤直樹さんとこの本の編集者である美野貴美さんに、実務、映像、出版を主戦場にしている翻訳者の方々を紹介していただき、取材をすることにしました。現在第一線で活躍しているとてもお忙しい方々ばかりだったのですが、なんと取材を申し込むとすぐに快諾いただき、2時間以上(ときには半日近く)に及ぶ取材に熱く語ってくださいました。それくらい、みなさん、翻訳業の現状と未来について考えるところが多かった、ということです。
よってこの本は、たしかにキーボードを叩いたのは私ではありますが、取材させていただいた方々の思いが結集したものです。よって、ここに感謝を込めて名前をあげさせていただきます。(あいうえお順)
新井珠美さん、井口富美子さん、井口耕二さん、齊藤貴昭さん、鈴木立哉さん、関口佳子さん、仙野陽子さん、野村佳子さん、林原圭吾さん、森口理恵さん、新楽直樹さん、本当にありがとうございました。みなさんのおかげで、「なるには」ではない形で、翻訳という仕事を紹介する本ができました。

本書の発刊を記念して、新宿紀伊国屋でトークイベントを行ないます。それについて、つぎのエントリーで紹介させてください。

いろいろなことがあった今年。悲しい事や苛立つ事も多かったけれど、救ってくれたのは仕事、でした。

振り返ればフリーランスになった1991年、初めて本を出版することができました。それから25年目の今年まで、ありがたいことに毎年1冊は書籍を出版してもらっています。先ほど数えてみたら、共著・共訳も含めると68冊、ゴーストライターをつとめた書籍も含めると72冊。冊数が多ければいいわけではないけれど、とにかく毎年毎年書籍として出版していただいた25年間でした。本当にありがたい。
本が売れなくなり、出版不況とか言われてからすでに四半世紀。そう、私は出版不況が始まる頃にこの業界に入ってきたわけで、しかも訳書にしろ著書にしろベストセラーになったこともなく、 こと金銭面を考えるとまったくダメダメの仕事ぶりです。もう少し若い頃は、まったく儲からないこの仕事で本当にいいのかと悩んだこともあったけれど、結局私はほかの仕事はできなかったのだ、と今になってようやく思います。
今年はプライベートでいろいろあった中でも、なお声をかけてくださる編集者がいて、仕事を続けることができました。 そして仕事面ではかなり充実していました。
取材したり、翻訳したり、書評のために本を読んだり、調べ物をしたり、原稿を書いたりしながら、つくづくあらためて思ったのが、「私はモノを書く仕事が好きだ」ということです。
もう今年はさすがに無理かなと思っていたのに、また今年も出版していただいた訳書「PK 最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?」の見本を受け取っての帰り道、仕事があることのありがたさ、そして一緒に仕事をしてくださる方々への感謝の気持ちで胸がいっぱいになり、地下鉄の車内で見本のページをめくりながら、なんだかじんわりしてしまいました。
軸足は「モノを書く仕事」に置きながら、来年はまた新しい分野にも挑戦していきたいと思っています。 そのために、来年年明けに急遽イタリアに行ってくることにしました。
仕事に救われ、仕事に励まされ、仕事で活力を得る。そのありがたさをかみしめながら、来年もがんばっていこう!!
(画像は本文と何も関係なく、先日、仕事が一段落してのんびり散歩したときに楽しんだ我が家のご近所の紅葉風景です) 
IMG_3407
 

「PK 最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?」
ベン・リトルトン著 実川元子訳
カンゼン  3024円
_SX339_BO1,204,203,200_

1個のボール、1つのゴール。ゴールの正面、12ヤード(10.97メートル)に1人のキッカーがボールをセットする。ゴール前に立つのは1人のゴールキーパー。静止したそのボールをキッカーが蹴り、ゴールキーパーはそれを阻止しようとする。単純であり、簡単である、という意味でとてもシンプルだ。そこにはサッカーのエッセンスが詰まっている。
ペナルティエリア内で手を使う、または得点しようとした選手を引き倒すなどして得点阻止をはかったとき罰則として与えられるペナルティキック。また、試合が引き分けに終わったとき、勝敗を決するためにPK戦が行なわれる大会も多い。ワールドカップでも決勝トーナメントでは延長まで闘って同点ならばPK戦で勝ち抜くチームが決められる。
とてもシンプルなはずなのに、なぜかPKでゴールできないことが少なくない。ゴールキーパーに止められるだけでなく、ゴールの枠内にボールを蹴り込むことができない選手も多い。欧州のトップリーグでもPK成功率は70%代だ。世界屈指のプレーヤー、たとえばメッシやクリスティアーノ・ロナウドでもPKを外す。クラブチームではほとんど外さない選手が代表の大事な試合になると外したりする。なぜPKは百発百中ではないのか? 
PKによって勝敗が決することも多い。重要な試合になるほど、得点機会としてPKの重要性は高まる。特にPK戦はその成否がチームの未来を左右するといってもいい。
それなのにいまだに「PK戦は運だ。試合とは関係がない」と言い放って練習も研究もしない代表チームがある。その代表がイングランドで、イングランド代表は1996年欧州選手権準々決勝のPK戦でスペインに勝って以来、主要大会を6回もPK戦で敗退している。著者は自分たちの代表であるイングランドが、なぜPKにもPK戦にも弱いのか、どうすればPK戦に強くなれるのか、その原因と対策を知りたくて世界中を飛び回って取材を重ねた。
取材対象は選手や監督、コーチに留まらず、審判、心理学者(PKは心理戦の要素が強い)、経済学者、文化人類学者までにおよび、しかも著者はサッカーのみならずゴルフ、アメリカンフットボール、ラグビーの関係者にも話を聞きにいった。
著者はPKに強くなるための多くのヒントを見つけた。技術面、心理面、指導方法から環境面、と多分野にわたって豊富なデータからはじきだされたヒントを、著者リトルトンは惜しげもなく本書で公開している。サッカーノミクスというサッカーのコンサルティング会社の取締役でもある彼は、クラブや代表チームにデータ分析に基づいたさまざまな情報を売りアドバイスをしているが、その重要な販売品目の一つがPKに関するものであることは間違いない。
もちろん、日本代表と日本のクラブチームがPKに強くなるためのヒントもたくさん詰まっている。
遠藤保仁選手のコロコロPKも紹介されているし、宮本恒靖選手が代表の主将としてのぞんだアジアカップの準々決勝対ヨルダン戦のPK戦で、ゴールの場所を換えたエピソードも紹介されている。(つまり、ガンバサポにはたまらない内容ですよ、と言いたい)
とりあえず、PKを止めたのを見たことがないガンバの東口選手に、チェルシーのチェフ選手のPK阻止率がなぜ高いのかを知ってもらうためにぜひ読んでもらいたいです。

 

th_サッカー批評(2−3) 1.jpg

新刊の案内です。発刊と同時に北欧に出かけてしまって、すっかりご案内が遅くなりました。

「孤高の守護神 ゴールキーパー進化論」

ジョナサン・ウィルソン著 実川元子訳
白水社刊

サッカーのゴールキーパー、という特殊なポジションを通して、各国、各地域のスポーツ文化と歴史を描いた本です。著者は、「サッカー戦術の歴史」などの著書がある、博覧強記のサッカージャーナリスト。ピッチ上のGKの話以上に、なぜそのGKがその国、地域を代表するような存在になったのか、そこまで踏み込んでいます。GKは変わりものが多いとよく言われますが、ほんと、奇人変人大集合。偉大なスポーツマン=偉大な人物ってわけじゃない。そしてまた、GKは身を持ち崩すタイプが多いのもなぜかがわかる。愛されはするが、嫌われ者でもあるんですね。つまり、個性が強い。
現在ブラジルで開催中のワールドカップを見ると、PKを阻止するかどうかだけでなく、ゴールキーパーの質や覇気がチームにいかに大きな役割をはたしているかを痛感させられます。ラウンド16で破れはしたものの、メキシコのオチョアはセーブだけでなく、つなぎや足元の技術や試合の読みすべてが素晴らしい!
アジア勢がグループリーグを突破できなかった理由の一つは、GKをいかに有効活用するか(セーブ技術だけでなく、守備の要としてDFとの連携や攻撃の組み立てへの参加など)の発想が欠けていたからではないか、と、本書をあらためて読み返しながら思いました。
残念なのは、1人をのぞいて、アジアのGKについての言及がまったくないこと。著者の調査が行き届かなかっただけではないと思います。GKがチームで担う役割が、サッカーの戦術そのものの進化の方向を示しているのではないか。イタリアのブッフォンやスペインのカシージャスを見ていると、GKのあり方がちょっと古かったのかなあと思わざるをえません。ましてや日本をはじめとするアジア勢も、GKのあり方を今一度見直す時期にさしかかっているのかも。まあ、私のようなシロウトがどうこう言うことじゃないですがね。

孤高の守護神 ゴールキーパー進化論
ジョナサン ウィルソン
白水社
2014-05-29




GILT本.jpeg
「GILTーITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー」
アレクシス・メイバンク
アレクサンドラ・ウィルキス・ウィルソン著
実川元子訳
日経BP

 高級ブランドのファッション製品から、リッチなリゾート滞在やゴージャスなディナーまで、格安価格でネット販売するギルト。2007年創業以来、めざましい成長を遂げて、会員を500万人まで増やし、日本でも展開しているギルト・グループの起業ストーリーを、創業者の2人、アレクシスとアレクサンドラが語ります。
 ハーバード大学の同窓生だった2人が再会したのは、イーベイやメリルリンチなどで働いた後、人生を仕切り直したくてハーバード・ビジネススクールに入学したとき。アレクシスは学部時代にアルゼンチンに留学体験があり、アレクサンドラは中米をルーツとしている関係で何回もブラジルなどを旅行していたことから、2人は親しくなります。また2人ともファッション大好き。とくに高級ブランドのバーゲン漁りには、連れ立って何回も出かけました。
 卒業後、アレクシスはAOLを経てIT関連で起業をしようとし、アレクサンドラは大好きなファッション業界(ルイ・ヴィトンからブルガリ)へと別の進路を歩みます。でも、それぞれ挫折を味わっていたとき、共通の趣味だった高級ブランドのサンプルバーゲン巡りをネットで展開しようと起業します。
 最初は彼女たちに加えて、技術担当の男性2人と経営担当1人の5人だった会社は、2007年末の立ち上げから3年半後には従業員900人を抱える企業へと発展。大成功へのストーリーを、2人の女性たちがこれから起業したい人たちへのアドバイスとして語ります。
 才色兼備の2人ですが、成功を手にするまでには周到な下準備を積み重ねます。2007年当時、まだアメリカでもファッション製品のネット販売はほとんど展開されていませんでした。とくに、高級ブランドにはネットへの不信感が強く、価格を下げての販売を説得するためにはたいへんな苦労がありました。説得の決め手となったのは、アレクサンドラの人脈力と、2人の時代と市場を読む眼の確かさです。実際、2008年のリーマンショック時に彼女たちに救われたデザイナーブランドが多くありました。
 起業家だけでなく、日々の仕事にも活かせるヒントがたくさんあります。たとえば、顧客獲得のためのバイラル・マーケティングの手法、人脈作りの基本、資金調達の決め手となるタイミングとプレゼン方法などは、明日からでも役立つはず。
 また成功したビジネス・ウーマンとしてのキャリアの築き方と家庭との両立の仕方(2人とも結婚して子供がいる)も、女性たちはもちろん、イクメンたちにもヒントがたくさん見つかるでしょう。
 私はあまり好きではないお勧め文句ですが、とても「読みやすい」です。それは2人の語り口が、率直だから。奇をてらった表現をしないし、失敗は失敗として素直に書いています。自信があるからでしょうね。それに楽しく読める本です。気軽に手に取ってくださいませ。




GILT(ギルト)
アレクシス メイバンク
日経BP社
2013-08-12


↑このページのトップヘ